続・子供を産む機械

柳沢厚労相発言の要旨

人口統計学では、女性は15歳から50歳までが出産をしてくださる年齢だ。2030年に30歳になる人を考えると、今、7、8歳だ。もう、生まれてしまっている。産む機械と言ってはなんだが、装置がもう数が決まってしまった。機械と言っては本当に申し訳ないんだけれども。機械って言ってごめんなさい。その産む役目の人が、ひとり頭(何人産むということ)で頑張ってもらうしかない。(27日、松江市の講演で)
読売新聞より転載。


なるほど、機械の台数は決まってるんだから一台が何人産むかで生産数は決まる。一台がたくさん産めば少子化ストップで日本の未来は明るい!だからたくさん産んで欲しい!
解りやすいね。解りやすいけど、これ思い付いた時にきっと「機械」は言っちゃいけないと自分でも思ってたろうね。でも、人間って言っちゃいけないと思えば思うほど言っちゃうのよね(^^;脳の誤作動。

太めな女の子が大好きなのに、つい「この子ブタ君に似てかわいいね」って言っちゃったら「私のことブタって言った!ヒドい!」ってキレられた男の子みたい(´・ω・`)


言ってる事は間違ってないと思うけど、政治家として表現の仕方を間違えた。

悪意があって言ったんじゃないし、謝ってるんだからいいじゃん(´・ω・`)
悪意をもってメルマガで暴言吐いて謝らない某女性議員よりはましかとと…



01/31 06:50

この記事を 編集・削除

[公開] [所感]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

まんまる

Category

Search

rss
rss2

QRコード